インドに降り立ち、衝撃を受け続けた最初の1週間

こんにちは。記念すべき1発目の投稿は、ハワイとサンフランシスコと香港(全部観光地)しか行ったことが無かった僕が、初めてインドに来て最初の1週間で驚いたことについて書こうと思います。いやーインドは全然飽きないです笑

ワイルドすぎる道路

空港に到着して、Uberが使えることに安心、とりあえず予約して車に乗り込んだ僕がまず最初に衝撃を受けたのは、マリオカートみたいな道路でした。

日本では信号機があって、車は法定速度を守って白線の内側を走っています。そんな当たり前のことが、世界では当たり前じゃないということに気づかされました。僕がこれから住む南インドのバンガロールはIT都市として有名ですが、急激に増える人口に対してまだ交通インフラが追いついていないということもあり、信号がほとんど無い(あっても機能していない)道路をたくさんの車がクラクションを鳴らして追い越しながら走っていきます。逆走とかも普通にします。オフィスに着くまでの約1時間、こんなに命の危機を感じる助手席は経験したことがないなと思いながら楽しくドライブしました。

でも危険すぎる道路はここからが本番でした。宿についてご飯を買いに最寄りのお店にいこうとした時に気づいたのですが、インドって横断歩道がほとんどないんです…

「え、もしかしてこの片側2車線の道路を渡るの?いやさすがに死ぬわ」

みたいなことを考えながらうろうろしてる僕の横をインド人が平気で渡っていくみたいな時間が10分ほど過ぎて、観念して僕もクラクション鳴らされまくる中猛ダッシュで渡りました。初日から日本に帰りたくなった瞬間でした笑

後から聞いたのですが、インドでは車側も人が歩いて渡ってくることを頭に入れて運転しているので、道路を渡るときは極力走らず一定速度で歩くのが一番安全らしいです。

動物(主に犬と牛)との共存

インドは街中に動物がたくさんいるというのは聞いていたのですが、犬と牛が普通に道路歩いてる光景を生で見たときはさすがに大きな感動と違和感を感じました。ちょっとびっくりしたのは、動物を保護したり崇拝してるという感じではなく、ほったらかしてる(人が歩いてるのと同じ)雰囲気があったことです。餌をあげたり小屋を作ったりしない、共存しているってこういうことなんだなとしみじみ感じました。

僕は動物が苦手で猫カフェとかも無理な人なので最初の方は動物を避けてビクビクしながら歩いてましたが、最近は慣れて普通に横を歩けるようになって来ました。インドに来てからなんだか強くなってる気がします笑

料理が辛い

当たり前のことだろと思うかもしれないですが、多分日本の方が予想してるより辛さと出会う機会が多いです。パスタやハンバーガー、レモンジュースなどの辛さと結びつかないものも結構な確率でちょっと辛いので、最初の1週間は毎食新しい発見をする楽しさと、辛さから逃れられないという絶望感をひたすら感じてました笑

辛さの原因についてですが、おそらくインド料理は「マサラ」という香辛料を使っているものが多く、それが原因で料理が辛くなってしまっていると思われます。旅行などでインドに来る方で辛いものが苦手な方は、マサラ抜きで頼むことをお勧めします。

ただ最近は結構そういうのにも慣れてきて普通にマサラありで食べてます。マサラは健康にすごくいいらしく、一度暑さと疲れで体が動かなくなったときにインドの方に「ポカリ飲め!」くらいの感じで「マサラ食べろ!」と言われて食べて回復したときは感動しました。

まあこんな感じて僕が最初の1週間でびっくりしたことはおそらく旅行者の方がびっくりすることとあんまり変わらないと思いますが、インドに来た人が直面する腹痛にも打ち勝ったので、これからはどんどんチャレンジして新しい発見をしていこうと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございました!これからもどんどん更新していこうと思います!

インドに降り立ち、衝撃を受け続けた最初の1週間” への2件のフィードバック

コメントは停止中です。